【覚え書き】Windows10バージョン1511適用によるChromeの再設定【メモ】

画像


Windows10 Proを使っているのですが、

今月、1511バージョンにアップデートした時に

いくつかの設定がデフォルトに戻ってしまいましたので

修正作業をメモしておきます。

【Chrome ダウンロードの保存先】

アップデートの適用で「ダウンロードフォルダ」に固定されますので、

その都度、保存場所を指定するように戻しました。

Chrome設定→詳細設定→ダウンロード

「ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する」に

チェックを入れる。

【Chrome ポップアップ】

原則ポップアップは許可せず、例外を指定していたのですが

アップデートの適用で例外許可がリセットされてしまいました。

サイト閲覧中に「ポップアップを遮断した」旨の表示がでるので

いくつかを許可しました。(ECナビ、すぐたま、Gポイントなど)

ポップアップ許可の状態は

Chrome設定→詳細設定→プライバシー→

コンテンツの設定→ポップアップの表示を許可しない→

例外の管理

で確認できます。

【Chrome テーマ(背景)、拡張機能の並び】

アップデートの適用でテーマは初期設定の白になりますので

目に優しい黒色のテーマを選び直しました。

拡張機能の並びの順番も変わりましたので

使い慣れた並びに戻しました。

【PDFの表示アプリ】

アップデートの適用でMicrosoft Edgeが指定されますので

Acrobat Reader DCをデフォルトに指定し直しました。

画像


↑この土曜、日曜は気温が低いのですが、

陽射しがありますので

出来るだけ屋外で甲羅干しをさせています。

画像


↑週刊少年マガジンの懸賞で

「ツバサ」のパスケースが当たりました。

意外と大きいので驚きましたよ。


サラリーマン春乃のツイッターはコチラ↓

http://twitter.com/salarymanharuno

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック